犬のふんくら処分しようよ

2月 17
Posted by

先日、あるお客さんの家に行ったときのことだ。その家は犬を飼っていて、庭から玄関にかけて放し飼いとなっている。来客にたいして吠え散らかすような犬ではなく、愛想の良いおとなしい犬なのだが、ある問題を抱えているのが分かる。というのも、そこらじゅうに犬のふんがころがっているのだ。思いっきり来客が通る道にもぽとぽと落ちている。うっかり踏みそうにってのが何度も。そしてうっかり踏んでしまったというのも何度か(笑)。

僕は犬を飼ったことが無いから分からないが、犬ってのはトイレを覚えたりはしないのだろうか? 犬は散歩させて、その先でふんをさせているという飼い主がよく目立つ。だから別に覚えないのかも。いやでも、室内犬がそれではまずいだろう(笑)。しつけでやっぱりトイレの場所は覚えさせることができるはずだ。となると、犬がそこらじゅうに構うことなくふんをしてしまうというのは、飼い主の責任と言えるんじゃないか?

というかさ、ふんをさせる場所を覚えさせるまではしないにしろ、自分の家の庭でふんが散らばってるんだから、処分したらどうなのかと(笑)。そのまま肥料にってか? 来客からしたら気持ちのよいもんではないぞ。踏むかもってのもあるし、臭いだって結構きついし。犬はほんと可愛らしいころっころした犬だ。ただふんのせいで、来客に「こいつめ」と思われているとしたら、なんだか不憫なやつだ。

その家の主は、普通のおじさんだ。奥さんも普通。性格が悪いとかそういうものではない。少なくとも人と接している態度は、ちゃんとしている。でも庭を見るとさ、ずぼらなんじゃないのかな、根はと考えずにはいられない。ふんが散らかり放題ってのもそうだけど、草はぼーぼーだし、ポストも壊れて蓋が無いのをおいてある。表札もない。これじゃ配達員も困るだろうなと、過去にバイクでポスト投函の仕事をしていたことがある僕は思ってしまう(笑)。

配達の仕事をしてるときに、いろんな家を見た。ここの家は性格が親切だと分かるなってのは、すぐわかる。例えば同じ住所で同じ名字の日とが住んでるっていうケースはたまにあってね、そういう状態だと誤配率が高い。親切な人は、そういうことがないようにと、フルネーム家族全員の名前をポストに書いておいてくれる人がいるのだ。しかもしたの名前はひらがなで分かりやすくとか。逆に性格が悪そうなお客さんは、ポストがボロボロなのに「投函物がはみ出てた!」とか「下に落ちてたぞ!」と文句を言う人。一応こっちは謝るけれども、それだったら向こうもポストを新調するなど努力してくれっての。でもやらないんだな。

家は性格を表すもんだ。住んでる人のね。まぁだからってあの家が、犬の分だらけで住んでる人もふんを撒き散らす人とは言わないけど、がさつなところはでてるってこと。

Filed Under: ブログ